ゼニカルで見た目も中身も痩せよう

見た目は痩せていても体脂肪率が多い人は、隠れ肥満です。隠れ肥満は通常の肥満よりもリスクが高いと言われています。
なぜならば、本人に肥満の意識がないからです。そのため、生活や運動の不摂生に気付きにくいです。見た目で明らかに太っている人はもちろん痩せた方が健康のために良いですが、それ以外の隠れ肥満の人も注意しましょう。
隠れ肥満の定義は、体重は低体重~標準体重にも関わらず、体脂肪率が高い人です。男性では体脂肪率25%以上、女性では30%以上と決まっています。
隠れ肥満の場合は中身も痩せさせる事が重要です。普通の肥満は見た目も中身も痩せさせる事が大切です。
どちらにも使えるダイエット薬に、ゼニカルという薬があります。世界中で最も使われているダイエット薬で、服用しても99%は脂肪と一緒に薬の成分が体外に排出されるので、副作用がほとんどありません。FDA(アメリカ食品医薬品局)にも認可されています。
ゼニカルの効果が期待出来るのは、脂っこいものを食べた時です。脂肪分解の働きを阻害して、摂取したうち30%分の脂肪分を未消化で体外に排出してくれます。
注意が必要なのは、炭水化物には効果がないという事です。ご飯、パン、イモ類を食べた時にゼニカルを飲んでも、通常通りエネルギーとして吸収されてしまいます。
逆に言えば、焼肉やフライドチキンなど脂っこいものを摂取した時に飲めばゼニカルの効果が最大限発揮されるという事です。脂っこい食事が好きで、なかなかそれを止められないで太っているという人は使ってみると効果があらわれやすいです。
ゼニカルを飲んで見た目も中身もスリムになる事が出来れば、健康や美容にも役立てる事が出来ます。
■ゼニカルの評価が気になるなら
お薬の王国のゼニカル評価が載っています
■もしゼニカルが合わないならこちらを
ラシックス